パーク内の産業は6大産業に分け:集積回路、パソコンと周辺、通信、オプトエレクトロニクス、精密機械及びバイオ産業である。中の集積回路産業の売上は毎年の総計の七割を占め、パークの一番目の産業になり、次は2割を占めるオプトエレクトロニクス産業、三番目位は精密機械、そしてパソコンと周辺、通信及びバイオ産業である。中の集積回路産業の売上は毎年の総計のおよそ7割を占め、パークの一番目の産業になり、次はおよそ2割を占めるオプトエレクトロニクス産業、三番目位は精密機械、そしてパソコンと周辺、通信及びバイオ産業である。近年、新竹サイエンスパークの売上はおよそ4兆円以上を達成し、会社数もおよそ520軒以上、従業員人数も15万人以上である。台湾国内経済を成長すると同時に国内外のイノベーションベンチャ企業の誘致も続き、台湾の半導体及びオプトエレクトロニクス産業も世界で重要な役に立たれる。例えば、ウファーの代理生産は世界第一位、ICデザイン、TFT LCD及び太陽電池産業は第二位、LED及びOLEDなどの産品は第三位である。将来はIoT、デジタルコンバージェンス、クラウドコンピューティング、ビッグデータ及び第4世代移動通信システムなどの新技術の開発をし続き、台湾のハイテク産業の発展に重大な力を与えられる