新竹サイエンスパークは新竹、龍潭、竹南、銅鑼、新竹バイオ及び宜蘭の6基地に分かれ、パークとパークの間は車でおよそ二時間ぐらいで、国際空港に50分、また一時間ぐらい台北及び台中に着ける。パーク内にも専用な無料のシャトルバスがあり、電車及び新幹線駅、そして新竹地方の学校、研究機関に往来するのはすごく便利である。 総開発面積は1,348ha以上で、入居企業は全部500社以上、従業員は合計15万人を超え、年間の平均売上もおよそ4兆円(US$33.6billion)を超えている。