新竹サイエンスパークは台湾における質の高く人間性にあふれた研究開発、生産、労働、生活及びレジャーの環境を作り出すことにより優秀な人材を集め、高い技術を取り込み、ハイテク産業の発展の基地とし、建築する。更に、中部と南部サイエンスパークに拡大し、台湾産業をアップデートになられる。

新竹サイエンスパークは新竹、龍潭、竹南、銅鑼、新竹バイオ及び宜蘭の6基地に分かれ、総開発面積は1,348haで、投資を許可された会社数は520社以上、従業員人数も15万人以上、実収資本額も4兆円以上であり、最近三年の平均売上も4兆円以上を達成した。